みみ・はな・のど おもな症状と病気

急性扁桃炎

急性扁桃炎とは、扁桃に細菌が感染し炎症がおこるものです。原因は細菌の感染によって発病するケースが多く、健康な時は細菌があっても防御する働きがあるので感染しませんが、風邪をひいたり、疲れなどで抵抗力が落ちていると、免疫力が低下し炎症をおこします。扁桃が細菌に感染すると高熱(39〜40度)、悪寒、嚥下痛、扁桃が赤くなり、腫れなどの症状があらわれ、関節痛や首のリンパ節が腫れることもあります。喉の痛みがひどく、食事や水分を摂りにくくなりますが、脱水症状をおこさないように水分は必ず摂取する必要があります。消炎酵素剤や抗生物質、鎮痛解熱剤を投与して、安静にしうがいを行っていれば、数日〜1週間ほどで治まります。抵抗力を落とさないためにも過労やストレスには気をつけ、十分な睡眠、栄養のある食事を心掛ける、また過度の飲酒、喫煙は控えて、喉を乾燥させないようにうがいを行いましょう。

扁桃周囲炎・扁桃周囲膿瘍

扁桃周囲炎は扁桃炎の炎症が悪化したり、治療が不完全なときに扁桃の周囲にまで及んでしまう状態です。扁桃周囲炎は扁桃の片側だけに起こることが多く、激烈な咽頭痛が特徴で咽喉の激しい痛み、飲み込む際の痛みや違和感(嚥下痛)により口を開くことが困難になり、さらに腫れがひどくなると呼吸をするのも苦しくなります。全身的には高熱を伴い、経口摂取がほとんどできなくなり、全身倦怠感、脱水状態となります。患部の奥に膿が溜まっている場合は扁桃周囲膿瘍をおこしている可能性も考えられます。治療の方法は扁桃周囲炎とそれが進展した扁桃周囲膿瘍の区別が大切で、扁桃周囲膿瘍になると、治療は基本的に入院して行われます。日常生活では十分な睡眠時間をとり、疲れやストレスを溜めないように気をつけましょう。

声帯ポリープ

声帯ポリープとは、声帯に生じる炎症性の腫瘤で、通常片側に発生します。ポリープの大きさはさまざまで、のどの使い過ぎ、声の出しすぎが原因といわれており、カラオケなどで長時間歌ったり、怒鳴り声、タバコの煙の刺激などによって起こるとされています。
声を酷使する職業の人などに多く見られる病気です。さらに風邪などによる上気道炎が重なれば、声帯全体が大きく腫れあがりポリープができやすくなります。
声がれが主症状ですが、のどの違和感や発声時の違和感などの症状を示すこともあり、ポリープが大きくなるとまれに呼吸困難をきたす場合があります。声帯ポリープができたばかりの時は、のどを休めて一定の期間声を出さない沈黙療法や吸入療法などで自然に消えてなくなる可能性もあります。また消炎薬の投与やステロイドホルモンの吸入治療により、ポリープがなくなることもあります。しかしこれらの治療に反応しない時は、ポリープの切除手術による処置が施されます。

反回神経麻痺(声帯麻痺)

声帯を動かす筋肉の動きを支配している神経が何らかの理由によって麻痺した結果、声帯が動かなくなってしまう状態を反回神経麻痺、一般的に「声帯麻痺」と呼びます。麻痺の原因としては、脳の障害や首、縦隔、食道、気管支、甲状腺などへの悪性腫瘍、良性腫瘍、ウイルス感染などによって起こりますが、神経自体の病気で麻痺することはほとんどありません。片側の損傷では声帯が完全には閉じなくなるために嗄声と共に誤嚥を起こしやすく、両側の損傷では声帯が中間位で固定してしまうために喉頭の気道が十分に開かず、呼吸困難や喘鳴となります。治療方法は原因となる病気の治療が行われますが、麻痺の症状の改善がない場合は、機能改善手術を行います。