じょうずな耳鼻科のかかり方

こんなときも、耳鼻科にまずはご相談。みみ・はな・のどの気になるあれこれ。
つらくなる前にご相談ください。 「わが家のお医者さん」として、お気軽にお越しください。

しつこい鼻づまり 〜鼻水吸引のススメ〜

鼻の仕組み

鼻の仕組み

子どもの鼻みずについて

子どもは小さいうち、よく風邪をひき、鼻が出ます。また自分では鼻がかむことがうまくできません。そのため鼻の奥で鼻水が詰まったときや粘膜が腫れて鼻の中が狭くなったときには、鼻をすすって鼻の中を通そうとします。
この鼻すすりを続けると、炎症を起こして「中耳炎」になったり、ひどい場合にはいわゆる水がたまった状態となってしまい、治りにくい「滲出性(しんしゅつせい)中耳炎」にかかることもあります。ご自宅あるいは病院で鼻水吸引を行っていただくことをお勧めしています。

鼻水吸引受診のすすめ

お子さんの健やかな成長のため、耳垢があったり、鼻水がでていたり、鼻をすすっていたりしたときには、さまざまな病気の予防のためにもお早めに耳鼻咽喉科を受診頂くと安心です。
耳鼻科では耳・鼻の病気を予防するため、医師による耳そうじや、吸引器を使っての鼻水吸引などの処置をおこなっています。

風邪かな?と思ったら…

風邪かな、と思って様子を見ていると、ときには高熱が出たり突然耳が痛くなったりととてもつらい状態になってしまうこともあります。小児科と耳鼻科のどちらにかかるべきか迷われることもあると思いますが、症状に鼻水やのどの痛みのある場合は耳鼻科にお越しください。症状によっては小児科もご紹介しています。いずれの場合も、早めの受診をお勧めします。